« 手術前日 | トップページ | みみちゃん、退院しました。 »

2010年4月 6日 (火)

手術終了

   

今日はみみちゃんの子宮・卵巣摘出手術の日でした。

11時過ぎに病院に着き、聴診器での診察、目や耳などみみちゃんの体調を獣医さんが一通り診察し、問診があり、最終的な手術の説明を受けました。

手術同意書を提出し、みみちゃんに「頑張って」と言ってみみちゃんを預け、私はいったん帰宅しました。

みみちゃんの他にもう一件手術が入っているとのことで、予定では、みみちゃんの手術は13時半から14時ころに始まり、1時間半くらいで終了するとのことでした。

最終的な説明を受けた時点でもう一度獣医さんから「万が一、手術中に不測の事態が生じ容体が急変することもあります」と言われていたので、家で待っている間、私はいてもたってもいられず、ウロウロウロウロ家の中を歩き回っては時計を見つめてばかりいました。

病院から電話が来るまでの間、私は何も手に付かず、ただひたすらみみちゃんの無事を祈るだけでしたが、17時にようやく病院から連絡がありました。

獣医さんからの連絡によると、

・手術は無事成功したこと

・出血も少なかったということ

・麻酔がかかるまで少し時間がかかったということ

・今は麻酔から覚め、まばたきをしたり足を動かしたりしているということ

でした。

    

その言葉を聞き、私は大きく息を吐き出しました。

手術が無事終了し、ひとまずは、安心です。

その後18時過ぎにみみちゃんに面会に行ってきました。

   

みみちゃんはまだ麻酔が抜け切れていないため横たわってボーっとした様子でした。

手術が終わったばかりなので体温が若干下がっているので、30℃に設定した保育器(?)のようなケージに入れられ、お手手の先から点滴の管を通されていました。

獣医さんが言うには、「うさぎさんの術後はだいたいみんなこんな感じなので、特に心配することはない」とのことでした。

摘出した子宮・卵巣も見せてもらいました。

手術前のレントゲンでは「子宮か卵巣どちらが腫れているのか分からない」と言われていましたが、お腹を開いてみたら、「腫れているのは子宮で、卵巣は綺麗だった」とのことです。

摘出した物は全部で70グラムでした。

摘出した腫瘍が良性か悪性かは、1週間ほどしてから細胞診の結果が出るのでそれまでは分からないとのことです。

       

     

10461

↑今朝、9時頃のみみたん

     

   

10462

↑この時はまだ手術に行くことすら知らなかったみみたん

     

今日はひとまず、手術が無事成功したこと、みみちゃんが麻酔から無事に覚めたこと、それだけでも本当に良かったと思います。

あとは、術後の経過が良好に推移し、細胞診の結果が「良性」と出ることを祈るばかりです。  

心配してくださったみなさま、ありがとうございます。

どうか一日も早く退院できるよう、みみちゃんも私も頑張りますので、皆さん、お見守りください。

   

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

« 手術前日 | トップページ | みみちゃん、退院しました。 »