« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月26日 (日)

最後のお別れと、火葬が済みました。

おとといの夜、私たち家族のもとから旅立っていったみみちゃん。

昨日の午後、無事に火葬を済ませることができました。

本当はもう少し日程をゆっくり取り、フワフワのお毛毛の姿のみみちゃんと一緒に最後のお別れの時を過ごしたかったのだけれど、うちの親が今日から旅行の予定が入っていたため、昨日の火葬となりました。

よく考えてみると、家族思いで頭の良いみみちゃんは「旅立ちの時」も自分なりにしっかり考えていたのかもしれません。

金曜日の夜なら家族全員が揃い、次の日は土曜日でみんながお休みだということ、日曜日には親が旅行の予定がある・・・。優しくて頭の良いみみちゃんはそういうことを思いやってくれたんじゃないか、そんな気がしてなりません。親は旅行をキャンセルするつもりだったらしいけど、結果として、旅行には参加できることになりました。

 

昨日土曜日は、朝からとてもいいお天気でした。気温も湿度も日差しも、一年の中で最上と言えるほどの快適な天気。

朝目覚めて、いつもなら枕元にいるみみちゃんの息づかいや動いている音を確認するのだけれど、昨日はもうそれをする必要もなくなってしまった。みみちゃんが横たわるベッドに「おはよう」と声をかけました。返事はない。フワフワのお毛毛。横を向いて寝んねしている姿が、いまにも起き上がるんじゃないか、という錯覚を覚えるほど穏やかで可愛らしい表情。いつもなら息遣いとともにお腹がフウフウと上下に動くけど、やっぱりもうお腹は動いてはいない。体を撫でたけど、冷たさは感じない。でも、温かくもない。

早すぎると分かっていてもいつもの癖が身についてるから5時過ぎには起きて、着替えて、いつもなら庭に出て物置からみみちゃんの掃除道具一式を運んでくるのだけれど、それももう必要ない。12年近くも毎日毎日繰り返してきたことが、急にもうやらなくてよくなったといわれても、なんだかすごく変な感じ。

 

亡くなったのが前日の23時過ぎだったから、お花が手元になくて、お店が開く時間を待って急いでお花を買いに行きました。みみちゃんの横たわるベッド周りを祭壇ぽく飾って、お線香をあげました。お世話になった知人や親戚に電話をしてみみちゃんが亡くなったことをお知らせ。お昼過ぎに知人の方がお線香をあげに来てくれたり。火葬は午後5時の予約だったけど、業者さんから電話が来て、早めに進んでいるのでうちに来る時間も少し早まりそうとのこと。フワフワの姿のみみちゃんと一緒にいられる時間ももう本当に最後なんだな、と思ってずっとみみちゃんのお毛毛を撫でながら過ごしました。機械的に何か作業をしている時は涙も出なかったけど、みみちゃんの姿を見るとやっぱりどうしても涙があふれ出てきてポロポロとみみちゃんのお毛毛の上に私の涙が零れ落ちた。

最後に、みみちゃんが横たわるベッドを母と二人で抱えながら、約12年間いつもみみちゃんが遊んでいた家の中のコースを順番に回りました。

 

いつも、朝のお掃除の時間にまずはここに出てきて遊んだ玄関ホール。

 

 

154263

 

 

朝と夜のお遊びの時間、みみちゃんが最も長く遊んでいたリビング。

 

 

15426a_2

 

 

大好きだったシャルルマーニュおじさんにも最後のお別れのあいさつをして。

 

 

154265_2

 

 

冬から春にかけてずっと窓辺で日向ぼっこを楽しんだ和室。

 

 

154268

 

 

15426c

 

 

もうみみちゃんが自分の足で歩くことはないけれど、思い出のいっぱい詰まった家の中を最後に一通り回ることができました。

 

 

そして午後3時半頃、火葬の業者さんの車が来ました。

事前の電話では、住宅街の真ん中なのでどこか広い場所へ移動する必要があるかもしれないと言われていましたが、業者さんが見て「ここならば大丈夫です」と言うことで我が家の庭の駐車場に車を停めたまま火葬ができることになりました。

 

みみちゃんが一番好きだった我が家、昔よく庭んぽして遊んだ慣れ親しんだ場所、その場所で家族に見守られながら火葬できるなんて、みみちゃんにとっては最高の旅立ちだと思いました。暑くもなく寒くもなく、温かく柔らかな西日が当たる場所で、春になって咲き始めたお庭のお花たちに囲まれて。優しくて可愛いみみちゃんらしいね。

 

 

Cimg7429

 

 

家族の手で炉の中へみみちゃんの体を横たえ、体の周りにお花や果物やブロッコリーを並べてあげました。合掌して、本当に本当にフワフワのみみちゃんの姿とは最後のお別れ。

お空に昇っていくみみちゃんを思いながら火葬が終了するのを静かに待ち、最後はお骨をひとつひとつ家族の手で拾い上げ骨壺に納めました。今までみみちゃんがいつも過ごしていた場所に、ケージを片付けて、祭壇を作りお骨を安置しました。

 

 

15426a

 

 

みみちゃんは穏やかに立派に旅立ちました。

みみちゃん、本当に、ありがとう。ありがとう。ありがとう。

こんなことを言うのはおかしいかもしれないけれど、もうこれ以上ないというくらい、最後のお別れは悔いなく、みみちゃんをしっかりと見守り旅立たせてあげることができた、そう思っています。お天気がよかったことも、時間帯がよかったことも、場所がよかったことも、みみちゃんの優しい性格のおかげだね、と家族で話しました。

 

まだフワフワの姿が残っていた時はみみちゃんが亡くなったと実感できなかったけれど、小さなお骨になって、本当にみみちゃんは旅立ってしまったんだなと実感が沸いてきました。

 

 

「ひとつの時代が終わった」

火葬が済み、みみちゃんがお骨になり、今はそういう気持ちです。

日本の歴史の中で江戸時代が終わり明治時代になったみたいに、私の人生の中で、2003年7月25日に始まった「みみ時代」という大きな時代がついに終わり、次の新たな時間を過ごす時が来たのだなという感じです。

みみちゃんがいなくなってしまったからといって、私の中でみみちゃんが消えてしまうわけではありません。

みみちゃんと私は12年近くもの時間を毎日毎日一緒に過ごし、確実にお互いの存在が相手に影響を与え合い、価値観すら変わってしまうほどみみちゃんからはいろいろなことを教えてもらい、みみちゃんは私の人生に絶大な影響を与えた存在です。

今後の私の人生の中でみみちゃんと共に生きた時間が土台となり糧となり、みみちゃんと共に過ごした時間の延長上に私の人生は続いていきます。私の隣にみみちゃんはもういないけれど。私の心の中に、私の人生の中に、私という人間そのものの中にみみちゃんは確実に刻まれ生き続けています。

 

 

15426e


 

 

今は寂しくて頭がおかしくなりそうだけれど。

12年近くも、毎日毎日やってきたことが、すべてもうやらなくていいこと。

ブロッコリーの葉っぱの在庫を気にしたり、室温を気にしたり、マニキュアを塗る時の匂いも、料理をした時の手のに匂いも、くしゃみだって電気をつける音だってドアの開け閉めだって、何もかも気にせずによくなってしまった。何時に起きたっていい。何時に家に帰ってきたっていい。みみちゃんが病気で苦しいんじゃないかという心配だってしなくていい。

 

みみちゃん、と何百万回呼んだことだろう。

何百万回、何千万回、みみちゃんのフワフワのお毛毛を撫でただろう。

みみちゃんのおかげで何千万回笑い、どれほどの幸せを感じ、愛情を感じ、温かさを感じ、安らぎを感じたことだろう。

どれだけの時間を、どれだけの愛情を与え合って、ともに過ごしたことだろう。

 

みみちゃんのいない家の中は寂しくて静かすぎて寒くて広すぎてひとりで過ごすことができず、今日は近くに住むお友達が夜ご飯の時間に遊びに来てくれることになっています。

まだまだしばらくは私の精神状態も不安定で、寂しくて悲しくて、心がちぎれそうになるかもしれないけれど、みみちゃんが心配しないように、少しずつでも、新しい自分の生活ペースを作っていかなくてはいけないと思っています。

 

みみたん。

みっきぃちゃんのことは心配しなくて大丈夫だからね。それなりにちゃんと頑張ってるし、周りにいるたくさんの人たちの優しさに支えられて生きているからね。人の優しさってありがたいね。そして、みみちゃんがくれたたくさんの温かい思い出にも支えられているよ。

 

 

★前回の記事に心のこもった温かいコメントをくださった皆様、ありがとうございます。皆様のお気持ち、本当に身に染みてありがたく思います。心の優しい素晴らしい方々に出会えたことも、すべてみみちゃんのおかげです。お返事、もう少しお待ちください★

 

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月25日 (土)

みみちゃん、お空へ旅立ち。

昨夜、2015年4月24日23時10分ころ、最愛のみみちゃんは家族に見守られる中、遠い遠い場所へ旅立っていきました。

11歳10ヶ月の生涯。

2003年6月10日に生まれ、2003年7月25日に我が家に来てからはちょうど11年9ヶ月の歳月を、毎日毎日、可愛らしさと愛嬌を振りまいて、家族に数えきれないほどの笑顔と幸せと温かさを与えてくれたみみちゃん。

私のくだらない話をいつもそばでじっと聞いてくれて大きなお目目で私を見つめてくれたみみちゃん。

かけがえのない、大事な大事な存在のみみちゃん。

太陽のように大きくて明るくてあたたかいみみちゃん。

「大好き」と「ありがとう」という言葉を宇宙の果てまで埋め尽くしても、まだ足りないくらい、みみちゃんは私にとって本当に、大切な、大切な、大きな大きな、大好きな大好きな存在。

 

 

154252

 

 

この日がいつか来るとは分かっていたけど、それは「いつか」であって、「いま」であってほしくないと、ずっと願っていた。

そばにみみちゃんがいない生活なんて、太陽のない世界に住むようなもの。

 

 

154251
↑4月22日19時ころ撮影。
 

 

この11年9か月の間に撮影した何万枚というみみちゃんの写真の最後の最後に撮った写真です。

この時は大好きなヨーグルトを完食しました。お口の横にヨーグルトがちょっとついてるね。

 

今はまだ、頭が混乱していて、記事をうまく書くことができません。

寂しいというよりは、今はただただ悲しい。

悲しくて、胸が張り裂けそう。

 

 

今日これから、17時ころ、みみちゃんの火葬の予定です。

大好きだったブロッコリーの葉っぱとバナナを抱いて、みみちゃんはお空へと旅立ちます。

お空を見たら、どうか、みみちゃんのことを思い出してあげてください。

これからあともうほんの数時間しかありませんが、みみちゃんのフワフワの柔らかなお毛毛を撫でながら、最後のお別れの時間をそっと過ごしたいと思います。

 

みみちゃんをいつも見に来てくださった皆様、みみちゃんを愛してくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

| | コメント (17)

2015年4月21日 (火)

希望を持って♪

前回の記事では、突然の報告で、いつも元気なみみちゃんを見に来てくださる皆様を驚かせてしまったこと、申し訳ありません。

前回の記事を自分でも何度も読み返してみましたが、この数ヶ月に起こったことを分かりやすく要約して書くのはとても難しいことで説明が足りない部分もあるし、私の感情的な主観が入ってしまい、事実を客観的に伝えきれていない部分もあることをご承知ください。

 

サードオピニオンで話を伺った獣医さんによると、うさぎの肝臓がんや肝硬変で余命○ヶ月と判断することには意味もないし、平均値なども存在しない、とのことです。

私はみみちゃんの寿命を信じて、これからもできるだけ長い時間みみちゃんが穏やかに楽しく安心して暮らせるように、みみちゃんの免疫力が少しでも上がるように笑いと明るい雰囲気を心がけて日々暮らしています。みみちゃんにはできるだけそばにいて楽しくて温かい思い出をいっぱい作ってあげたい。ただそれだけです。

 

154211

 

みみたんの大好きなブロッコリーさん、苗がスクスク育ってるよo(*^▽^*)o

 

154212

 

ほんの小さなことでもいいから、少し先に希望を持って。

 

154213

 

ひとつずつ、その小さな希望をかなえていけたら幸せだね。

 

154215_2

 

みみたん。今日も私のそばにいてくれて本当にありがとう。

心の底から、大好きよ。

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2015年4月19日 (日)

余命宣告を受けて。

4ヶ月ほど前からずっと、書いては消し、書いては消し・・・、この事をブログに書くことができないでいました。

現実を受け入れたくないという私の気持ちがそうさせていたのかもしれません。

ただ、あれから時間が経ち、今は、冷静に現実を受け入れ、自分でも驚くほど穏やかに日々を過ごすことができています。

 

この事を書けるようになるまで4ヶ月という期間を要しましたが、本日皆様に、ご報告をします。

 

 

2014年11月30日。

いつものかかりつけとは違う動物病院へみみちゃんを連れて行きました。

触診とエコー検査の結果、次のような診断を下されました。

 

 

肝臓がん、もしくは肝硬変。

手術は不可能。

余命三か月。

 

 

 

聞いた瞬間、世界が止まりました。

泣くのを通り越して、周囲の世界が止まったような、温度も湿度も音も光も重力も時間も何もかもが消え失せ、世界から切り離されたような、おかしな感覚にとらわれました。あまりの巨大すぎる感情が一瞬のうちに押し寄せて、私の頭はその感情を処理しきれずに、おそらく、感情の回路が遮断されてしまったのだと思います。

それから2週間ほど、私の精神状態はすさまじく不安定でした。

どこにいても何を見ても涙が出る、何を食べても何の味もしない、車のスピードの感覚もわからない、大好きな大好きなみみちゃんがいなくなってしまうことの絶対的な恐怖と不安、「誤診にきまってる」という病院への敵意のような感情、「体重が減ってしまった原因はやっぱり肝臓の病気のせいだったのか」と納得してみたり、「どうにか手術できる病院がどこかにないだろうか」というかすかな期待を抱いてみたり。

絶望してみたり希望を持ってみたり、信じたり疑ったり、泣いたり、怒ったり・・・。

みみちゃんの前で泣いてはいけないと分かっていても、丸くてフワフワして、小さくなってしまったみみちゃんの背中を見ているだけで、心が張り裂けそうになり、溢れ出てくる涙をこらえることはできず、時には大声をあげて号泣してしまいました。

私の不安定な感情は当然みみちゃんにも伝わっていて、みみちゃんは私の前で一生懸命大きな牧草を食べて「元気だよ」とアピールしてみたり、悲しそうな困ったような表情をしてみたり、本来なら私がしっかりしなくてはいけないのに、病気のみみちゃんに私は一番やってはいけないことをしてしまいました。

 

154191

 

うさぎの肝臓がんや肝硬変に関していろいろ調べましたがほとんど情報が出てきません。

肝臓がんになるうさぎが珍しいのか、それとも、肝臓がんになる前に別の疾患で亡くなるケースが多いのか、そもそも、肝臓がんという診断をつけられる病院が少ないのか、理由はわかりませんが、うさぎの肝臓がんはそれほど多くはないようです。

 

この数ヶ月で私が調べたり数人の獣医さんに聞いた話を総合すると、やはり、うさぎの肝臓がんの手術はほぼ不可能である、もしくはあまりにもリスクが高すぎるということ、肝硬変であるなら手術は不可能だし進行を遅らせる投薬治療しか方法がないということ、いずれにしても、回復はほぼ見込めない病気であるようです。人間でも同じですが、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、ほとんど症状が出ず、症状が出たころにはかなり病気が進行しているケースが多いようです。

 

154193

 

診断を下されたのが2014年11月30日。

その後、12月、1月、2月と寒い季節を元気に過ごし、食欲もあるし排泄も普通だしお遊びもいっぱいして、「元気そのもの」でした。その間の様子はこのブログに書いている通りです。クリスマスもお正月もひな祭りも本当に幸せに穏やかに過ごすことができました。

そんな元気なみみちゃんの姿を見ていると、何度となく「誤診ではないだろうか」と思いました。病気のことなど忘れかけて、私も次第に今までと同じように大声で笑ったり遊んだりすることができるようになっていました。

 

2015年3月12日。朝ケージのお掃除をしようとしたところ、おしっこの色が明らかにいつもよりも濃い色でした。ニンジンジュースのような鮮やかな濃いオレンジ色。

かかりつけの動物病院で尿検査をしましたが、その日の尿では「異常なし」。

次の日も同じようにオレンジ色のおしっこが出たので、再び動物病院で尿検査。肝機能を表す「ビリルビン」がプラスの反応でした。

以降、ずっとオレンジ色の尿が続いています。

 

みみちゃんは見た目には何も変わっていません。

体重はかなり減りましたが、食欲もあるし、元気にお遊びもします。

ただ、目に見えない体の中では何かが確実に変わっているのです。

悲しいけれど、心がちぎれるほど辛いけれど、それが現実です。

私は、時間はかかったけれど、現実をきちんと冷静に理解して、受け入れました。

みみちゃんの前ではもう泣きません。蔭では泣いても、みみちゃんには笑顔で接し、お互いに元気を与えあえるように明るくしています。それが飼い主として私にできる最大のことだと思います。

 

154192_3

 

病気の診断を下されて以来ずっと、みみちゃんのケージの横に布団を並べて寝ています。

毎日寝る前に必ず「2015年○月○日、今日もみみちゃんとみっきぃちゃんは同じ時間を共有し一緒に仲良く過ごすことができました。幸せだね。ありがとう」と言っています。

余命宣告をされたときはショックと混乱と悲しみしかなかったけれど、それと同時に、みみちゃんと一緒にいられる時間がどれだけ貴重で幸せなことなのか心の底から分かりました。  

今はただ、みみちゃんと一緒にいられことの幸せをかみしめ、一日一日を、一瞬一瞬を、大切に暮らしています。

あたたかくて丸くて柔らかくて、この上もなく可愛くておりこうさんのみみちゃん。

みみちゃんが寂しくないように、寒くないように、怖くないように、不安にならないように、私はみみちゃんの隣にいます。最後まで。

 

みみちゃんに対して、頑張って、とは言いません。

我慢して頑張るんじゃなくて、普通に生きて、最後まで普通に生きて、普通に生きることが終わったら、それが「寿命」なのだと思います。

こういう風に落ち着いて考えられるようになったのは、結果として、余命宣告されたことに多少でも意味があったのかと思います。

 

154197_3

 

この数か月間、現実を拒否したくなったりもがいてみたり苦しいこともあったけれど、みみちゃんが元気に過ごしてくれているおかげで、今まで気付かなかったたくさんの幸せをかみしめることもできました。

余命3ヶ月と言われたけれど、別の獣医さんが言うには、「どの数値がどのくらいなら余命がこれくらいと判断するのは不可能」とのことです。

みみちゃんには、みみちゃんの寿命を、最後まで穏やかに過ごしてほしい、今はただただそう願うばかりです。

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月14日 (火)

みみちゃんの最近のおやつ事情♪

この一年間で体重がかなり減ってしまったみみちゃん。もともと1.85キロあったものが今では1.35キロ。

食欲はあって牧草もおやつもよく食べていますが、ペレットを食べる量が若いころよりは減りました。(ペレットは食べ放題にしてありますが残してる量が増えた)

本来ならおやつのあげ過ぎはよくないけれど、みみちゃんの場合、もう12歳間近の高齢だし、少しでも体重維持につながるならと思い、最近では好きなおやつを多めに与えています。

 

154141

 

ブロッコリーの葉っぱ10数枚、キャベツ1枚程度、にんじん3分の1本(スライス)、生パイナップルのスライス一切れ。これがワンセットで、昼と、夜、計2セット食べています。

一気に食べてしまうのではなく、お遊びをしながら、人間の手から少しずつ与えながら食べさせているので、3時間くらいかけてこの量を完食しています。

 

154142

 

特に人参は、丸ごとあげても食べないけれど、薄くスライスして手から与えるとよく食べてくれます。

 

154143

 

毛玉防止のために以前あげていた市販の乾燥パパイヤはやめて、なるべく添加物のないものにしようと思って、最近では代わりに生パイナップルのスライスをあげています。

 

154145

 

若いころは市販のおやつも与えてたけど、高齢になると肝臓や腎臓への負担も気になるから、添加物のない自然のものばかりをあげています。

ブロッコリーも家庭菜園の無農薬だから安心だねo(*^▽^*)o

 

154146

 

若い頃に比べればずいぶん体は小さくなっちゃたけど、おやつを食べる勢いはまったく衰えないねhappy01

 

144147

 

みみたん。今日もおやつをいっぱい食べておりこうさんねo(*^▽^*)o

今日も元気に過ごしてくれてありがとう。

これからも、穏やかな時間が、少しでも長く続きますように。

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月13日 (月)

行ったり来たり♪

今日は朝から雨rainでちょっと肌寒いです。

先週は4月にもかかわらず雪が降ってびっくりしました。

 

Cimg6905
↑雪をかぶるチューリップ

 

桜が咲いたかと思えば雪が降ったり、寒かったり暖かかったりとこのところお天気が安定しない日が続いていますが、みみちゃんは食欲も旺盛で毎日元気に過ごしていますo(*^▽^*)o

 

154131

 

私の着る洋服も春用と冬用を交互に行ったり来たりしていますが、みみちゃんのケージにかけてある電気毛布も出したりしまったり、押し入れの中と外を行ったり来たり。

 

154132

 

今週の半ばくらいからは暖かくなる予報が出ているので、早く安定した気候になってくれるといいな。

 

154133

 

雨の日は日向ぼっこもできないけど、

 

154135

 

ソファの後ろを探検して行ったり来たりが、楽しいねnote

 

154136

 

みみたんは可愛いこたんheart01

 

154137

 

みみたん。今日も元気に過ごしてくれて本当にありがとう。

今日も一緒の時間を過ごすことができて幸せだね。

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月 9日 (木)

たべっこ…♪

ちょっと前のことになりますが、友達とコストコに行ってきましたrvcar。私にとっては人生初コストコ。あまりの広さに何を買っていいのか分からず、とりあえず買って帰ってきたのがオリーブオイル2本と、「たべっ子どうぶつ」。(←どういうチョイスだcoldsweats01

 

1547a

 

たべっ子どうぶつ。すごい久しぶりに買ったな~。

どうぶつの形のクッキーに英語でどうぶつの名前が書いてあるの。小さい頃は英語を覚えながら夢中で食べてたな。 

 

15471

 

みみたんも気になるの?

 

15472

 

コストコだけあってサイズがでかい!

みみたんと比べてもこの大きさ。30袋も入ってるよ。

で、ここ最近毎日毎日、たべっこどうぶつをおやつに食べてるんだけど、なぜか、お目当てのものが出てこないんです。

 

15470

 

そう、私のお目当てといえばもちろん、「うさぎさん」。RABBITが出てくるのを楽しみにしてるんだけど、食べても食べても出てこない!

 

1545b

 

箱にはきちんとうさぎさんも描かれてるから、うさぎ型も入ってるはずなんだけどな~。

てか、いっそのこと、他のはいらないから全部をうさぎさん型にしたほうがいいんじゃないの?、たべっ子どうぶつじゃなくてたべっ子うさぎにしたほうがいいんじゃなの、って思うのは私だけ?

 

15478

 

なかなか出てこないからこそ、うさぎさん型のありがたみも増すのかな~。

今日もうさぎさんを求めて、たべっ子どうぶつを食べる私なのでした。

 

15477

 

みみたんは今日も元気でおりこうさん♪今日も私のそばにいてくれてありがとう。

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月 6日 (月)

咲いた~、咲いた~♪

今日は朝から晴れsunてとても暖かいです。気温も20℃を超えるくらい。お庭のチューリップも日差しを浴びて気持ちよさそうに咲いています。

 

Cimg6883a

 

赤と黄色が春らしいですねshine

 

Cimg6876a

 

このチューリップの咲いてる場所、みみちゃんが日向ぼっこをしている和室の窓の真ん前なのですが。

 

15461

 

みみた~ん。チューリップのお花tulip、そこから見えるかな~?

 

15462

 

見える~?、こっちだよ~!

 

15463

 

みぃみた~ん!

 

15465

 

あったかくて眠くて、お花見どころじゃないんだね(^-^;

みみたん。今日も元気に過ごしてくれてありがとう。おりこうさんね。大好きよheart01

 

15467

 

明日からは雨で寒くなる予報なので、体調に気を付けて過ごそうね。

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月 5日 (日)

なんちゃってお花見♪

今日は朝から雨rainが降ったりやんだりの我が家の地方。

 

15451

 

おとといくらいまではポカポカ陽気sunで桜も満開になったのに、昨日から曇りや雨で気温も下がり気味です。今週の半ばあたりには一ケタ台まで気温が下がる予報なので、気温差に気を付けながらみみちゃんの体調管理はしっかりしていこうと思います。

 

15452

 

お庭のチューリップも、お日様が出てないとつぼんだままですね。

桜の花は先週には満開を迎えてしまい、お花見に行くチャンスがなかったので、みみちゃんと一緒におうちの中で造花の桜を飾って「お花見」をしてみました(o^-^o)

 

15456

 

みみたん。桜の花はきれいかな~?

 

15453

 

花よりもツボのほうが気になるの?

 

15455

 

造花だけど、少しはお花見気分味わえたかな?

 

15458

 

お花より、食べ物のほうが気になるんだね( ^ω^ )

みみたん、今日も元気に過ごせておりこうさん。大好きよheart01

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

2015年4月 4日 (土)

のどか♪

4月になりましたね~。桜の花もあっという間に満開cherryblossomを迎えてしまいましたね。

今日は曇っていますが、家の中の気温は高め(16℃くらい)です。 

 

15441

 

すっかり春になって気温も上がってきたから、日向ぼっこもそろそろできなくなるね。

 

15442

 

あんよのお手入れ、上手だね(o^-^o)

 

15443_3

 

高齢になって体重が減ってきたこともあるし、筋肉も落ちたので、毛繕いするときに体のバランスをとるのが大変になってきたみみたん。

 

15445

 

ゴロンと転がっちゃわないように、バランスをとりながら慎重にお手入れします。

 

15446_2

 

キレイキイレイ。上手だね~。

 

15448

 

ゆっくりのんびりマイペース。

気の済むまでゆっくり毛繕いしてくださいな。

みみちゃんを見てると、どんなに忙しい時でも、みみちゃんのペースに巻き込まれて時間の流れやあたりの空気が「のどか」になっていくよ。不思議だね。

 

15447

 

みみたん。太陽のようなみみたん。今日も元気でいてくれてありがとう。

一緒の時間を過ごすことができて幸せだね(o^-^o)

 

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ
にほんブログ村

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »